花粉症で苦しむ人たち

花粉症で辛い、その気持ちよくわかります!私も花粉が飛ぶ時期はティッシュ片手に生活をしていました。ティッシュがないと花粉症を乗り切れない…という感じ。そんな私も対策を全くしていない訳ではありません!私が調べて良いな!と思った対策をご紹介します

花粉症でのアレルギー性結膜炎による鼻詰まりに点鼻薬

杉やヒノキに・ブタクサなどの花粉(アレルゲン)が原因の現代病の代表的なアレルギー疾患の花粉症のおもな症状として、、目の表面に花粉などが付着して、結膜(粘膜)に炎症を起こす事による目の痒みや充血などを伴うアレルギー性結膜炎そしてそれに関連して鼻の粘膜の炎症による鼻水・鼻づまりを伴うアレルギー性鼻炎など
が有ります。花粉症に掛かってしまうと症状が重い場合日常生活に支障が出るほど厄介な疾患ですが、私たちの身体が花粉症に成る仕組みを簡単に説明しますと、例えばスギやヒノキなどの花粉(アレルゲン)が体内に入いると身体が異物と判断し異物を排除しようと攻撃する為場合によっては過剰なアレルギー反応を起こしてしまい目や鼻・のどの粘膜が炎症を起こし目の充血や痒み・鼻水・鼻づまりを引き起こします。
目の充血や痒み・鼻づまりの花粉症の症状改善の為に、専門の医療機関で医師の診察を受けて適切な治療・措置を受けるのが花粉症の症状改善・治癒に最善ではありますが、人によっては病院に掛かる時間が無いなどの理由から市販の花粉症の目薬や点鼻薬で症状の改善の為に使用する場合も多くあるのではないでしょうか?
市販薬の目薬や点鼻薬は、パッケージや付随している使用説明書に記載されている用法用量の注意点をよく理解した上で正しく使用する事で、花粉症の症状改善に即効性もあり、充分有効です。
但し市販のアレルギー症状改善の目薬や点鼻薬には少量のステロイド剤が含まれており多少の依存性も有りますので、用法用量を守らず乱用した場合副作用で目や鼻の粘膜等に悪影響を及ぼして症状の悪化を招く恐れが有りますので、用法用量は必ず守って市販の目薬や点鼻薬を使用することが副作用を防ぎ症状改善の効果を発揮する為にも大切です。