花粉症で苦しむ人たち

花粉症で辛い、その気持ちよくわかります!私も花粉が飛ぶ時期はティッシュ片手に生活をしていました。ティッシュがないと花粉症を乗り切れない…という感じ。そんな私も対策を全くしていない訳ではありません!私が調べて良いな!と思った対策をご紹介します

通販の花粉症対策グッズを使用の注意点と写真

妊娠というのは、身体に大きな変化が起こりますが、変化する事案の中には花粉症も挙げられます。
妊娠中というのは、母体や子供に悪影響を与えることを避けるために、薬物を用いた治療を制限する必要があるので早めの対処が必要になるのです。
女性の身体というのは、妊娠することによりホルモンの分泌量が増加し、身体の中に水分を蓄えようとします。
東洋医学においては、身体の内部に不必要な水分が存在している場合、花粉症になりやすいとされているのです。
しかも、妊娠中というのは鼻の粘膜が敏感になりやすい傾向にあり、妊娠前に比較すると症状が悪化しやすいと言われています。
医療機関が行った調査によると、花粉症で悩まされている女性が妊娠した場合、10%もの妊婦さんが鼻づまりやくしゃみ鼻水などのアレルギー性鼻炎の症状が悪化してしまったという報告があるほどです。
また、中期を過ぎた頃には粘膜に炎症が生じて、うっ血した状態になってしまうほど悪化するということも判明しています。
現在、花粉症を対策することができるグッズというのは、通販をはじめとあらゆる手段で手に入れることができるのですが、妊娠している状態で使用するのは少し抵抗があるものです。
そこで、医療機関が推奨しているのは妊娠初期の2ヶ月から4ヶ月の頃は、薬剤の使用を避けるということです。
妊娠初期というのは、子供の器官形成期に当てはまるため、好ましくないのです。
一般的には、5ヶ月を経過してからは、点鼻薬を使用しても良いと言われており、胎児に対して悪影響を及ぼすという報告もありません。
病院では、写真に収めて経過を確認することができるため、安心して治療を任せることが可能なので、病院にお世話になることが最適です。